本当に本当にお金どこからも借りれないどうしよ…と思った時はどうしたらいいのか?最終手段を紹介!

本当にどうしよ、本当にお金がどこからも借りれない時どうしたらいいのか?

本当に本当にお金どこからも借りれないどうしよと悩んでいる人は多いと思います。

切羽詰まって銀行からお金を借りることができないとき、お金を作る方法はたくさんあります。

本当に本当にお金どこからも借りれないどうしよ…と思った時の最終手段
  1. 大手の消費者金融の一つを利用、または信用金庫を利用する。
  2. クレジットカードを使ってお金を借りる。
  3. 学生であるなら必要に応じて学生ローンを検討する。
  4. 政府が支援する融資制度の一つを試してみる。
  5. 不要なものを中古品店で売る。
  6. 短期アルバイトでお金を稼ぐ。
  7. 友人や家族にお金を貸してもらう。
  8. 郵便局でお金を借りる。
  9. ろうきんでお金を借りる。
  10. 質屋でお金を借りる。

「借入れ」については、本当にどうしようもなくなってきた場合どうすればいいのか? どうしてもお金を借りたい場合において、大手の消費者金融に申し込むことができなかった方は、中小消費者金融から借りるのも一つの手です。

目次

本当に本当にお金がどこからも借りれないどうしよ…と悩む人は、どうしたらいいのか?借りることが出来ない理由とは?

  • 延滞の記録がある。
  • 返済能力がないと判断される。
  • 複数の金融機関に短期間に申し込んでいる。
  • 登録時に虚偽情報を提出する。

ローンの審査に関しては、様々な要素を考慮する必要があります。 あなたが承認されるかどうかは、各金融機関の融資ガイドラインで設定されたすべての要件と基準をどれだけ満たしているかに依存します。

などが、断られる理由としてよく挙げられまます。 では、この4つのポイントを個別に見ていきましょう。

延滞の記録がある

延滞していると審査に通らないケースが多くあります。返済をすることができない人は、ローンの審査に落ちやすいです。

審査を通すためには、延滞をしてはいけません。 「借りることができない理由」の中でも、このポイントは大きく影響します。

返済能力がないと判断される

ローンの審査に通るためには、返済能力があることが条件です。 返済能力がないと判断されると、ローンの審査は通りにくいです。

しかし、このポイントだけではなくて、年収や信用情報なども考慮されます。

審査を通すためには、返済能力をアップさせていかなければいけません。

また真っ黒リストの一人となると審査に通らないケースがあります。

真っ黒リストは、金融機関が信用情報を登録している機関である株式会社シー・アイ・シー(CIC)株式会社日本信用情報機構(JICC)全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター・KSC)に延滞情報が登録されることです。

真っ黒リストの人は、ローンの審査に通らないケースが多くあります。

複数の金融機関に短期間に申し込んでいる

複数の金融機関に立て続けに申し込むと断られることがあります。 その理由は、あなたが相当お金に困っていると思われるからです。一度に複数の金融機関に申し込みをするとうまくいかない可能性が高いです。

短期間に複数の金融機関への融資申し込みは避けましょう。

登録時に虚偽情報を提出する

申込書の情報を改ざんすると、トラブルに巻き込まれます。融資を受けそうな人(自分も含む)の記載に間違いがあると、信用を失ったり、間違った書き方で審査で落とされたりする可能性があります。

どこからも借りれない時、絶対にお金貸してくれるところはある?

審査が通らずお金をどこからも借りれない時、絶対にお金貸してくれるところはありません。ブラックリストに載っていれば尚更です。

とはいえ、ブラックリストに登録されていない場合や取消しされた場合には金融機関から借りることも可能なので、超絶ブラックでもお金を借りる方法をチェックしてみてください。

ただし、その場合も借りることができる金額は決まっています。

総量規制というものがあり、貸金業者は年収の3分の1を超える貸付けは原則禁止されています。

総量規制の対象となる貸付けは、貸金業者の貸付けのみで、貸金業者に該当しない銀行のローンや信販会社のショッピングクレジットは総量規制の対象にはなりません。

上記の説明でも少しわかりづらいですね。つまり・・

〝貸金業者(消費者金融など)から年収の3分の1までしかお金を借りることができない〟わけです。

例えば年収が300万円の人であれば100万円までしか借りることができません。 複数の金融機関を利用していてもその合計借入額が100万円までになります。

本当にどこからも借りれないどうしよ…という人が、どうしてもお金を借りたい場合は中小消費者金融に注目!

大手の消費者金融ではなかなか借りることができなくても、中小消費者金融では借りることができる可能性があります。中小消費者金融では親身になって相談に乗ってくれる場合があるんです。中小消費者金融は闇金のような違法の貸金業者ではなく安心なので、一度大手で断られたことがある人は相談してみるのもアリかと思います。

>> 中小消費者金融のリストはこちら

どこからもお金借りれない!最終手段を知りたい人によくある質問

どこからもお金を借りれない時?

絶対にお金貸してくれるところはありません。
しかし、中小消費者金融では借りることができる可能性があります。
>> 中小消費者金融のリストはこちら

どこからも借りれない 最終手段?

① 大手の消費者金融の一つを利用、または信用金庫を利用
② クレジットカードを使ってお金を借りる。
③ 学生であるなら必要に応じて学生ローンを検討する。
④ 政府が支援する融資制度の一つを試してみる。
⑤ 不要なものを中古品店で売る。
⑥ 短期アルバイトでお金を稼ぐ。
⑦ 友人や家族にお金を貸してもらう。
⑧ 郵便局でお金を借りる。
⑨ ろうきんでお金を借りる。
⑩ 質屋でお金を借りる。
>> どこからもお金を借りれない時の最終手段をチェックする

総量規制 どこも借りれない?

貸金業者からは年収の3分の1までしかお金を借りれません。
ただし、銀行のローンや信販会社のショッピングクレジットは総量規制外なので、総量規制オーバーでも借りれる可能性があります。
>> 総量規制オーバーでもお金を借りたいどこかありますか?

本当に本当にお金どこからも借りれないどうしよ…と思った時の最終手段!まとめ

お金が必要になる理由は様々だと思いますが、多額の借金を抱えているなど、誰からも借りられない、融資を受けられない状況もあり、問題を深刻化させてしまうことがあります。

今回はこれらの問題を最終的に解決できるよう提案しました。 必要であれば個々の金融問題への最適な対処法やアドバイスしてくれる弁護士事務所や市や県の相談窓口もあります。

悩みは抱えずに、早期に解決できるようにしましょう。

(外部リンク)
ココで確定!本当に本当にお金どこからも借りれないどうしよ(汗)と悲しげに「お金」に悩む人へのおすすめ対処法をねっとでクリっと紹介! を紹介しているサイトも参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次